2009年3月28日 (土)

世界一!!

世界一!!・・・もちろんWBCの侍JAPANです。久しぶりに世の中に明るい話題が提供されたような気がします。

確定申告も終盤に差し掛かった頃(3月5日)から東京ラウンドが始まりました。私が1年でもっとも忙しいときに限って・・・。それでも、3月24日(火)の決勝戦までの20日間、私は忙しいながらも日本代表の試合に注目し、そして応援し続けました。

優勝まで色々ありましたが、結局はイチロー選手の決勝打、イチローに始まりイチローに終わった感じです。『ごちそうさまでした』・・・まさにイチロー選手の言うとおりです。決勝戦、お昼休み(1時頃から)にTVを観たらもう目が離せなくなってしまい結局優勝の瞬間まで観てしまいました。10回表2アウト2塁3塁・・・久しぶりに心から祈りました。昨年次男が生まれたときも祈らなかったのに・・・いつ以来でしょうか?!でも見事に、そして綺麗にセンター前にヒットを打ってくれました。もう大興奮です!!

『野球とは人生そのものだ』と長嶋さんが言っていましたが、まさに野球は筋書きのないドラマ、そんな素晴しい歴史的決戦でした。また、今回のイチロー選手個人にしてもそうだった気がします。苦しんでちょっと良くなったと思ったら、また辛さや痛みを味わい、でも最後にあんな素晴しい結末が待っていたとは誰も予想できなかったことでしょう。

またイチロー選手で印象に残った言葉ですが、あの天才が「心が折れかけた・・・」と話していました。そして、あの決勝打を打ったときでも冷静に2塁まで進んでいました。あれこそが天才イチローだとおもいました。最後にイチロー選手は、こう話していました。どんなときでも「普段と変わらない自分でいることが僕の支え・・・」、同い年なのにものすごい格好良いです。

韓国の粘りもまた本当に素晴しかったです。9回裏2アウトからの同点劇・・・これもまた野球の醍醐味でした。間違いなく歴史的名勝負としてみんなの心に残る試合だったと思います。また、日本にコールドで負けた歴史的敗戦のときも韓国の選手は、きちんと応援に来てくれたファンに試合終了後手を振りお辞儀をしていました。日本は1-0で負けた日本での最後の試合で応援してくれた超満員のファンにそのようなことはしていませんでした。そのような韓国選手の姿勢は見習うべきでしょう。

でも残念なことに、海の向こうでは中島選手に『歴史的ラフプレー』みたいな報道も・・・中島選手のダブルプレー阻止のスライディングと2塁ベース上でのタッチのこと言っているようです。野球ではあれくらい当たり前ですし、むしろ中島選手と韓国の選手の迫力のあるスライディングに私は拍手を送ります。

それともうひとつアメリカです。野球の母国として恥ずかしくないのでしょうか。出場しているメジャーの選手は必死にやっているのはわかりました。でもMLBやアメリカ自体に問題があるような気がします。国を挙げて日本に本気でかかって来いと言いたいです。薬物にまみれたパワーベースボールにあぐらをかいて日本の野球をなめているようであれば、WBCのような短期決戦では何度やっても、そう『世紀の大誤審』でもない限り日本にはこれからも勝てないでしょう。野球は、チームスポーツです。ホームランバッターや160キロを投げる剛速球投手をそろえたところで勝てるほど甘いスポーツではありません。

野球にも長い歴史があるかとおもいますが、サッカーに比べればまだまだ発展途上のスポーツだと思います。野球は、まだアメリカだけのものみたいな考えがあります。それでは世界には広がりません。こんな素晴しいスポーツを世界中に広げないなんてもったいないです。そしてあんな素晴しい大会に開催国であるにもかかわらず国を挙げて本気で戦わないなんて本当にもったいないです。サッカーのワールドカップも最初はわずか13カ国の参加だったと聞いています。WBCがそのような大会になるもならないもアメリカの姿勢次第であるような気がします。

次回は2013年開催予定です。参加国も24カ国に増えるようです。原監督の言うように「正々堂々胸を付き合わせて」世界のツワモノと次回も戦ってもらいV3の夢を成し遂げていただきたいです。その権利を持っているのは世界中で私たちの日本だけです。『世界一!!』・・・この響きって本当に気持ち良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

日米野球

いつの間にか終わっていた日米野球。それにても全日本はひどすぎます。1勝もできないなんて・・・まぁあのメンバーじゃ無理でしょうし、全米に対して失礼にもほどがあります。

今回はファン投票しておきながら、相変わらず日本のプロ野球選手はファンを無視して出場辞退者が続出です。野村監督が怒るのも無理ないでしょう。いくらメジャーの一流選手が来たところで私は見る気にはなれませんでした。

また、日米野球を開催する意義も薄れてきたとも言われています。WBCも開催され、日本の一流選手がメジャーに行けば当たり前のように活躍する時代です。日米野球をやめて早く“真のワールドシリーズ”を開催してもらいたいと野球ファンなら誰もがおもうことでしょう。やっぱり意地とプライドをかけた真剣勝負をファンならずとも見たいものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

バレー観戦

ついに念願のバレー観戦に行ってまいりました。私はスポーツ大好きなんですが(もちろん野球が一番ですけど)、特に女子バレーボールは小学校のときのロス五輪(銅メダル)からずっとファンでした。

残念ながら、オリンピックではあの時以来メダルから遠ざかっています。でも最近では木村選手を筆頭に身長のある若い選手が結構出てきましたので、また少し期待しています。

しかし、いつからでしょうか・・・確かV6あたりからでしょうか?!アイドルグループがバレーボールのサポーターとして出演するようになったのは?!私が見たときはWaTにハロープロジェクトに真鍋かをりさんにとたくさん見ちゃいました。少し得した気分も・・・。会場は「キャーキャー」すごいものです!

でも、これもありなのかなって気も私はします。こういったアイドルグループを最初は見に来たとしても、ついでにバレーを見て、「あっ!これおもしろいスポーツだね!!」ってなったらいいじゃないですか?!かたちはどうあれバレーボールファンが増えたり、バレーボールをプレーする人が増えたりと結果的にバレーボール界が良い方向に進めば良い気がします。最初はアイドルに「キャーキャー」言っていた人たちも試合が始まればみんなちゃんと日本を応援していました。

さて、生で観た感想は、応援で選手の掛け声がほとんど聞こえなくて残念だったのと、選手は比較的細身でモデルさんのようにスタイルが良いのに驚きました。あと隣のちびっこがたたくスティックバルーンが私の顔の前を容赦なく横切るのにも驚きました。もちろんおもしろかったのでまた是非観に行きたいとおもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

北海道最高!

ついにファイターズが日本一になりました。私は相変わらずどこのファンでもないのですが、今年はこれで良かったのだと心からおもいます。やや経済的にも元気のなかった北海道ですが、道民のみなさんの喜び、これから訪れる寒い季節もファイターズナインのように明るく乗り越えられることでしょう。個人的に北海道は旅行で以前行ったのですが、もっとも大好きな観光地です!

さて、日本シリーズを観戦して一番感動したのは、第4戦金村投手の気迫のピッチングでした。やっぱり『野球の神様』っているんだなぁと改めておもいました。0対1でファイターズリード、5回表2アウト3塁・・・あのとき(事件)と同じ場面を野球の神様は用意しました。ヒルマン監督は金村投手のもとに行き「お前の試合だ。好きなようにやれ。」と伝え、監督のナインのファンの熱い気持ちに応えるべく強打者の福留選手を魂のフォークボールで見事三振に打ち取りました。本当に野球は筋書きのないドラマです!!

ドラゴンズは素晴しい選手の揃った本当に強いチームです。しかし、私はファイターズが北海道で日本一を決めると第一戦を見てすぐにわかりました。ファイターズナインは楽しんでプレーしていました。昨年のマリーンズもそうでした。それに比べてドラゴンズナインは硬すぎました。

それはこんなところでも見て取れました。時代は流れています。野球界はそれについて行けない(行かない)チームが多すぎます。でも、ファイターズはすごい!監督より先に選手を胴上げしちゃうなんて!!会社もそうですけどそういう常識をやぶりなこともときには必要なんだと改めて感じました。

それも3年前北海道にやって来たたったひとりの選手が変えたのです。新庄選手は守備や走塁は超一流、でも打撃ははっきり言って二流選手でしょう。でも、そんな彼が球界の常識を変え、チームを変え、日本一を北海道にもたらしました。素晴しい!

日本一美しい自然に日本一美味しい食べ物、日本一の野球チーム、北海道は最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

お客様は神様です

日曜日のファイターズ対マリーンズの試合でしょうか。ファイターズのエース金村投手がヒルマン監督に暴言を吐いた件について、今朝の新聞でその処分(罰金200万円に1軍登録抹消)が大きく報道されていました。

ヒルマン監督は「誰にでも間違いはある」とかばっていた様子ですが、チームがプレーオフ1位通過をかけ北海道のファンと共に一生懸命戦っているもっとも大切なときにもかかわらず、個人の成績を気にするあまりに出てしまった非常に残念な発言でした。しかし、それは野球というチームスポーツにもっとも不適切な発言となってしまいました。

何より、金村投手はもっとも大切なお客様(ファン)を裏切ってしまったようにおもいます。私達の仕事もそうですし、どんな仕事もそうでしょう。お客様によってのみ売上が発生し、利益が発生します。買う買わない、野球を観る観ないは100%お客様に決定権があり、こちら側には1%の権利もありません。何の商売でもそうです。もちろん、プロ野球選手にも当てはまります。私は、どれだけのプロ野球選手がファンを常に意識してプレーし、ファンの方を向いてプレーしているのか疑問におもいます。自分を向いたり、球団フロントを向いたりプレーしていたのでは、ファンはどんどん離れていってしまいます。

今年はサッカーW杯が残念な結果で終わってしまったのに対し、春のWBCや夏の甲子園、そして今もペナントレース終盤で大混戦となりドラマチックなスポーツ野球の醍醐味をたくさんの方々にわかっていただいている年だとおもいます。プロですからなおさら、お客様(ファン)第一を徹底してプレーしてもらいたいとおもうばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

残念!女子ソフト

先日、北京オリンピックの出場を一番乗りに決めた女子ソフト。準決勝もアメリカに勝ちその勢いで優勝かと思いきや、ソフトボール特有ののページシステムというトーナメントで再び決勝でアメリカと戦い、敗れてしまいました。そんな馬鹿なという感じですが、これもソフトボールのおもしろさでしょう。

女子ソフトもアトランタからずっと注目して見ていましたが、北京でとりあえず正式種目としては最後の予定となっている種目です。でも、2016年に東京でオリンピックが開催されれば復活もあるでしょう。

女子ソフトといえば、宇津木妙子監督に宇津木麗華選手です。おふたりはアテネを最後に引退してしまいましたが、ソフトボールにかける情熱は見ていてすごいものがありました。その情熱が当時マイナーだったソフトボールを注目種目のひとつに変え、日本のソフトボールのレベルを更に上げたことでしょう。

今回の世界選手権は残念ながら2位でしたが、そのおふたりの想いを受け継ぎ、必ず北京ではリベンジを果たしてくれることでしょう。

今年は数多くの種目で世界大会が行われます。つい先日も世界バスケがひそかに行われていました。なんであんなおもしろいものをもっとマスコミは取り上げないのでしょうかね?!例えば、オシムがどうだのって・・・もう終わったことですし、そんなに気にしている人もいないのでは?!それよりバスケを世界レベルに上げるにはもっと取り上げて子供達に少しでも関心を持たせないといけないような気がします。もっと数多くのスポーツが世界レベルに達するには底辺拡大が最重要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

再び東京へ

2016年夏季五輪国内候補都市が東京に決まりました。私が生まれて日本で五輪が開催されたのはもちろん長野(冬季)だけです。

私はオリンピックが大好きなので、最終選考でももし東京が選ばれたらとおもうと今からワクワクします。しかもお隣東京だったらいつでも行けちゃうじゃないですか!!でも現実にはこれから世界中の都市が名乗り上げ、その激戦を東京も勝ち抜かないといけませんのでまだまだ・・・。

私は長野でジャンプ団体戦の金メダル獲得の瞬間を目の前で見ることができました。あのときの感動は今でも忘れませんし、一生忘れることないでしょう。そのような感動をまた味わいたいですし、自分の子供にも是非そのような経験をさせてあげたいとおもっています。

それにしても2016年はまだまだ先です。10年後日本は、世界はどう変わっていることでしょう?!がんばれ日本!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

夏の終わり

甲子園も今日で終わりました。イコール夏も終わりっていう感じになります。今年は本当に熱く、暑い夏でした!

今年の甲子園は、逆転の連続。ホームランの連発。本当に試合終了のサイレンが鳴るまで何が起こるかわからい。まさに野球の醍醐味がたくさん凝縮された試合が多かったような気がします。これこそ何点差つけられようとも最後まで諦めてはいけないタイムアウトのないスポーツ「野球」のおもしろさです。

私的には今日の決勝は、どっちが勝っても良かったです。とにかく選手が、日本中が心に残るナイスゲームをしてもらいたかっただけです。でもそのとおりの試合を昨日も今日もしてくれました。本当に拍手ですね。

7試合を1000球近くひとりで投げぬいた斉藤投手も、最後はマウンドではなくバッターボックスでフルスイングして終えた田中投手も素晴らしいのひとことです。もちろん主役は両エースだけではありません。レギュラーのの選手、補欠の選手、ベンチに入れなかった選手やその子たちのお父さんお母さんみなさんの力があったからこそあんな素晴らしい大会になったのでしょう。

あのように何かひとつのことに向かって一生懸命努力する力を持つ子たちは、それこそが才能(もちろん甲子園球児ですから野球の才能も人並み以上でしょうが)だとおもいます。きっと勉強等何をやってもそれができる子たちなんだとおもいます。本当に若い子たちのそういう姿は素晴らしい!見ているだけ気持ち良い!!私も秋に向けてオヤジパワーでがんばらないとという気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)