« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

一大イベント

11月21日に弊所主催の研修会及び交流会が開催されました。忘れないうちに早く書きたかったのですが、今月の決算が終わるまではなかなか・・・でも決して忘れることの無い素晴しいイベントとなりました。

まず僭越ながら私より、何故学ぶことが大切なのか、また何故外へ出て色々な方々と話すことが大切なのか、今日一日を有意義に過ごしていただくためのポイントを少々お話させていただきました。その後、第1部は小林恒久さんによる『仕事に役立つ 実践心理学』というテーマで1時間、第2部は栢野克己さんによる『小さな会社☆儲けのルール』というテーマで2時間、お二方ともに本当に素晴しいお話を聞かせていただきました。内容については参加していただいた方のみだけに知っておいて頂きたいので残念ながら内緒です!

S2009_11210041c

S2009_11210045c

S2009_11210037






アンケートでも「本当に参加して良かった!」、「変わるきっかけにしたい!」、「多くの気付きをもらった!」、「早速チャレンジしたいことがあった!」、「感動した!」等々・・・また約50名の参加者の多くが来場したときよりも活き活きしていたように私の目には映りました。

また交流会も引き続き講師のお二人にも参加していただきました。今回は30名の方に参加していただきましたが、改めて研修会は交流会まで含めてやることで学んだことが何倍にもなるものだと感じました。交流会まで参加したお客様は元気も倍増です!この元気があればこの不況なんて乗り越えられると確信しました!!また昨年に引き続き参加していただいた若手経営者のお客様も多く久しぶりの再会を楽しんでいらっしゃいました。昨年行なった意味の大きさをまた改めて実感しました。

やはり行動することの大切さです。能書きたれている暇があったら即行動です。失敗から学べば良いのです。また継続することの大切さです。弊所スタッフを含め私自身、お二人のお話を聞き、また今回のイベントを通じて多くのことを学ばせていただきました。

栢野さん、小林さん、またご参加いただいた方々に心から感謝しております。本当にありがとうございます。

S2009_1201letter0029c

栢野さんから嬉しい手紙が届きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

最近の感心ごと

WBCから始まり今年のプロ野球、メジャーリーグもいよいよ大詰めです!そのプロ野球で今年一番注目されたのがもしかしたら楽天の野村監督だったかもしれません。

その野村監督の最後のぼやき?!に「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とする」という中国のことわざから引いたものがありました。私個人的には昔は野村監督はなんか暗く陰険な感じであまり好きではありませんでした。ところがここ数年は歳もとり丸くなってきたのか意外と面白いコメントをTVを通じてよく耳にしていました。そしてラストゲームの終了後、「人を遺すのが一番」・・・その通りですね。これは経営にも言えます。以前、私もどこかで学びました。社長というのは後継者をきちんと育ててこそ一人前の経営者だと・・・。

次も野球ですが、私の家族で応援している埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得した花巻東高の菊池投手です。彼の球のスピードや切れなどは今更話すまでもありません。彼は絶対良いピッチャーになると確信したのは、1年生のときから甲子園のスターになった今までずっとトイレの掃除をし続けて来たこと、たくさんの本を読んでいるということを知ったときです。これも経営者は見習うべき姿勢だと思います。どんなに偉くなっても感謝の気持ちを忘れず、人から学ぶことは本当に大切なことだと思います。また、どんな「選手になりたい?」という質問に「愛される選手になりたい」と答えていました。下記にも通ずることですが、技術や成績だけではファンを喜ばすことが出来ないと彼はわかっているのではないでしょうか?!

最後に、TVでマナー講師の平林都さんが、「相手の心を惹きつけるのは、技術や値引きや商品じゃない。」と言っていました。私もスタッフには同じようにお客様に喜んでいただくのは知識や経験、価格ではないと良く言います。

これからも上記のようなことを大切にして事務所経営をして行きたいと最近強く思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »