« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月21日 (火)

我が母校~♪

昨日は、母校の日大一高野球部の応援に神宮球場へ早朝から行ってきました。3回戦の相手は宿敵帝京です!結果は6回コールド負けでした・・・。

東東京大会では夏の甲子園の出場回数は帝京9回、日大一8回(私が在籍していた頃はうちの方が多かったのに・・・)と競っていますが、日大一は私が中3のときに出場した甲子園を最後に一度も出場していません。それどころか最近は良いとこなしでベスト8にすら残れずに惨敗が続いています。

しかし、神宮球場でのこのカードは私にとっては特別なおもいがあるので組み合わせが決まってからはとても楽しみにしていました。私も甲子園を目指してこの高校に入学し高2の夏休みの終わりまで野球部に在籍していました。辞めた理由は自分は甲子園に出場するような高校では通用しない選手だとわかり、だったら大学目指して勉強しようとおもったためでした。結果、今の職業に就けたのかもしれませんが、大好きな野球を途中で辞めたことは今でも私の人生で唯一後悔しているできごとです。寂しくて、悔しくて夏の終わりに毎日泣いていたのをよく覚えています。さて、何故神宮での帝京戦は特別かと言えば、高1のときは準決勝で、高3のときは決勝でと私の目の前で2度も甲子園への道を閉ざされているからです。

特に高3のときは私はすでに辞めたとはいえ、一緒に頑張っていた仲間が、あと一歩で甲子園という夢を実現しようかというところまで来て、帝京の圧倒的な強さの前に敗れ去ったことは忘れることが出来ません。あの高校で野球をやったことは今でも私の人生にとって大きなプラスになっていますし、何よりも私にとっては野球部のメンバーは今でも大きな誇りです。

昨日、そのうちの数名にスタンドで会いました。今でも付き合いのあるメンバーもいますし、18年ぶりに会ったメンバーもいました。正直、あまりにも体型と髪の毛が変わっていて誰だかわからなかったメンバーもいました・・・。でもちょってでも会えたのはやっぱり嬉しいものです!

ちなみに昨日は来ていませんでしたが、同期の野球部メンバーのうちのひとりが先日婚約を発表した女医の西川さんのフィアンセです。もうひとつWBCで日本代表のピッチングコーチを務めた山田久志さんの息子もまたそのメンバーのひとりです。

そんな我が母校ですが、またいつの日か甲子園の土を踏んでくれることをちょっぴり期待していますので後輩には是非これからも頑張っていただきたいです!!

第2応援歌:『戦えば勝つ 伝統の 誇り輝く我が母校~♪』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »