« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月19日 (日)

100億円

年末に向け、最近段々と忙しくなってしまったためブログもさぼりがちになってしまいました。

さて、ここ一月くらい唯一の趣味の草野球もあいにくのお天気で中止が続いていましたが、今シーズン最後の草野球を雨の中、今日は楽しんできました。今シーズン最後の打席でクリーンヒットも打てましたので、良い年が迎えられそうな気が少しします。

帰ってきて夕方のんびりとテレビを見ていますと先日60億円でホワイト・ソックスに落札された松坂投手について特集していました。なんと彼は驚いたことに小学校の卒業式で「甲子園に行って、ドラフト1位でプロに入団して、100億円プレーヤーになる」みたいなことを堂々と言っていたのです。今後の交渉次第で総額118億円の超大型契約になる見込みですので、まさに彼は目標としていたことをすべて今達成しようとしているわけです。

会社にしてもそうですけど、目標を持つということは非常に大切なことです。目標を持てば、それに向かって自ずと何か行動を起こすわけですから。おそらく目標も持たずにただ漠然と過ごしている人達の方が多いでしょうから、それを持つと持たないとではかなり差があるとおもいます。もちろん私もここ数年は事務所の目標を必ず立てていますし、それからはまったく結果が違います。

実は私の息子も「松坂投手のように!!」っていつも強くおもっています。まわりの先生のお子さん達は小中で私立に進学させるケースが多いようですが、うちはまったくその気はありません。私も小さい頃はプロ野球選手が夢でしたし、高校でも甲子園を目指していました。どれもかなわぬ夢で終わりましたが、その夢は息子に託します。だから1歳になる前からボールは握らせています。まだ2歳なのでキャッチボールも上手にできませんが「メジャーリーガーになるからご飯全部食べるよ」と毎日けなげに言っています。100億円とは言いませんが、息子には夢や目標を持ってそれに向かって人の何倍も努力してもらえればとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

日米野球

いつの間にか終わっていた日米野球。それにても全日本はひどすぎます。1勝もできないなんて・・・まぁあのメンバーじゃ無理でしょうし、全米に対して失礼にもほどがあります。

今回はファン投票しておきながら、相変わらず日本のプロ野球選手はファンを無視して出場辞退者が続出です。野村監督が怒るのも無理ないでしょう。いくらメジャーの一流選手が来たところで私は見る気にはなれませんでした。

また、日米野球を開催する意義も薄れてきたとも言われています。WBCも開催され、日本の一流選手がメジャーに行けば当たり前のように活躍する時代です。日米野球をやめて早く“真のワールドシリーズ”を開催してもらいたいと野球ファンなら誰もがおもうことでしょう。やっぱり意地とプライドをかけた真剣勝負をファンならずとも見たいものなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

バレー観戦

ついに念願のバレー観戦に行ってまいりました。私はスポーツ大好きなんですが(もちろん野球が一番ですけど)、特に女子バレーボールは小学校のときのロス五輪(銅メダル)からずっとファンでした。

残念ながら、オリンピックではあの時以来メダルから遠ざかっています。でも最近では木村選手を筆頭に身長のある若い選手が結構出てきましたので、また少し期待しています。

しかし、いつからでしょうか・・・確かV6あたりからでしょうか?!アイドルグループがバレーボールのサポーターとして出演するようになったのは?!私が見たときはWaTにハロープロジェクトに真鍋かをりさんにとたくさん見ちゃいました。少し得した気分も・・・。会場は「キャーキャー」すごいものです!

でも、これもありなのかなって気も私はします。こういったアイドルグループを最初は見に来たとしても、ついでにバレーを見て、「あっ!これおもしろいスポーツだね!!」ってなったらいいじゃないですか?!かたちはどうあれバレーボールファンが増えたり、バレーボールをプレーする人が増えたりと結果的にバレーボール界が良い方向に進めば良い気がします。最初はアイドルに「キャーキャー」言っていた人たちも試合が始まればみんなちゃんと日本を応援していました。

さて、生で観た感想は、応援で選手の掛け声がほとんど聞こえなくて残念だったのと、選手は比較的細身でモデルさんのようにスタイルが良いのに驚きました。あと隣のちびっこがたたくスティックバルーンが私の顔の前を容赦なく横切るのにも驚きました。もちろんおもしろかったのでまた是非観に行きたいとおもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »