« 商売のセンス | トップページ | 私なりの作戦! »

2006年9月 6日 (水)

残念!女子ソフト

先日、北京オリンピックの出場を一番乗りに決めた女子ソフト。準決勝もアメリカに勝ちその勢いで優勝かと思いきや、ソフトボール特有ののページシステムというトーナメントで再び決勝でアメリカと戦い、敗れてしまいました。そんな馬鹿なという感じですが、これもソフトボールのおもしろさでしょう。

女子ソフトもアトランタからずっと注目して見ていましたが、北京でとりあえず正式種目としては最後の予定となっている種目です。でも、2016年に東京でオリンピックが開催されれば復活もあるでしょう。

女子ソフトといえば、宇津木妙子監督に宇津木麗華選手です。おふたりはアテネを最後に引退してしまいましたが、ソフトボールにかける情熱は見ていてすごいものがありました。その情熱が当時マイナーだったソフトボールを注目種目のひとつに変え、日本のソフトボールのレベルを更に上げたことでしょう。

今回の世界選手権は残念ながら2位でしたが、そのおふたりの想いを受け継ぎ、必ず北京ではリベンジを果たしてくれることでしょう。

今年は数多くの種目で世界大会が行われます。つい先日も世界バスケがひそかに行われていました。なんであんなおもしろいものをもっとマスコミは取り上げないのでしょうかね?!例えば、オシムがどうだのって・・・もう終わったことですし、そんなに気にしている人もいないのでは?!それよりバスケを世界レベルに上げるにはもっと取り上げて子供達に少しでも関心を持たせないといけないような気がします。もっと数多くのスポーツが世界レベルに達するには底辺拡大が最重要でしょう。

|

« 商売のセンス | トップページ | 私なりの作戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念!女子ソフト:

« 商売のセンス | トップページ | 私なりの作戦! »