« ピザランキンキング | トップページ | ショック!! »

2006年8月21日 (月)

夏の終わり

甲子園も今日で終わりました。イコール夏も終わりっていう感じになります。今年は本当に熱く、暑い夏でした!

今年の甲子園は、逆転の連続。ホームランの連発。本当に試合終了のサイレンが鳴るまで何が起こるかわからい。まさに野球の醍醐味がたくさん凝縮された試合が多かったような気がします。これこそ何点差つけられようとも最後まで諦めてはいけないタイムアウトのないスポーツ「野球」のおもしろさです。

私的には今日の決勝は、どっちが勝っても良かったです。とにかく選手が、日本中が心に残るナイスゲームをしてもらいたかっただけです。でもそのとおりの試合を昨日も今日もしてくれました。本当に拍手ですね。

7試合を1000球近くひとりで投げぬいた斉藤投手も、最後はマウンドではなくバッターボックスでフルスイングして終えた田中投手も素晴らしいのひとことです。もちろん主役は両エースだけではありません。レギュラーのの選手、補欠の選手、ベンチに入れなかった選手やその子たちのお父さんお母さんみなさんの力があったからこそあんな素晴らしい大会になったのでしょう。

あのように何かひとつのことに向かって一生懸命努力する力を持つ子たちは、それこそが才能(もちろん甲子園球児ですから野球の才能も人並み以上でしょうが)だとおもいます。きっと勉強等何をやってもそれができる子たちなんだとおもいます。本当に若い子たちのそういう姿は素晴らしい!見ているだけ気持ち良い!!私も秋に向けてオヤジパワーでがんばらないとという気持ちになりました。

|

« ピザランキンキング | トップページ | ショック!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

» 駒苫は甲子園でひとつになった [(有)ロジカル・コミュニケーションのブログ]
第88回高校野球選手権大会決勝の再試合は早実の初優勝で幕を閉じた。 「駒苫はすでに2回優勝しているから早実に勝たせたい」という多くの世間の感情と斎藤佑樹投手がほぼ一人で投げぬいたスタミナとクールな雰囲気で「佑ちゃんフィーバー」と報道が化していたような気がするが、中京商以来73年ぶりの3連覇を逃した駒苫に注目して振り返ってみたい。 たぶん、両チームの甲子園での試合の結果論から見れば、 1)早実の甲子園での試合はすべて決勝を除き圧勝で、安定感があり強かった 2)早実に比べて駒大苫小牧は青森山... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 06時37分

« ピザランキンキング | トップページ | ショック!! »